忍者ブログ
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々の投稿です。ご覧になっていいただきありがとうございます。

巷では経営者を対象とした決算書の見方に関連する書物が山ほどあります。
ここでは、経営者が決算書の見方を知る必要があるかについて考えてみたいと思います。

経営者の仕事を100とした場合、決算に係る割合はせいぜい5程度と言われています。
営業・製造が80~90を占め、残りが人事・総務・経理。

したがって、経営者が決算書の見方がわからないよりわかる方がいいに決まっていますが、
仕事の割合からして重要度の低い決算に力をそそぐのは限界があります。
それより、より良い製品・サービスを提供し、利益を獲得することに力のウエートを置くのが先です。

経営者が決算に関わる業務は、決算書の見方がわかる人を自分の近く(最初は社外でもいいが、できれば社内)に確保することと、
適時・適切に決算書を作成する仕組み作りにあると考えます。


PR
この記事にコメントする
お名前 : 
タイトル : 
文字色 : 
メールアドレス : 
URL : 
コメント : 
パスワード :    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
有澤会計事務所
平成23年1月に開業したばかりの事務所です。
親切・丁寧・機動力をモットーにお客様の経営・会計・税務の良き相談相手となるよう心掛けております。
最新コメント
[07/11 けろっぴ]
[08/20 有澤]
[08/20 有澤]
[08/20 けろっぴ]
[08/20 けろっぴ]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
アクセス解析
プロフィール
HN:
有澤和久
性別:
男性
職業:
税理士、公認会計士
趣味:
ゴルフ(特技ではありません)
忍者ブログ [PR]